車検費用が足りない時は
  • 車検費用が足りない時は

車検費用が足りない時は

車検費用の相場は

今の時代、ガソリン代はどんどん値上がりしています。
しかも日本の車検費用はとても高いものです。

車検費用のほとんどは税金などの法定費用です。
まず、自賠責保険料がかかります。
これは必ず加入しなければなりません。
自賠責保険の他に、任意保険も必ず入るようにしましょう。

また、重量税が必要になります。
これは車の種類によって変わってきます。

その他に、ディーラーや車検工場に払う車検料金がかかります。


公的車検場での車検費用

車検を受ける場所はすきなように選ぶことができます。

まず、公的な機関での車検について考えてみましょう。
これは、国が運営している全国の運輸支局・自動車検査登録事務所で車検を受けることが可能です。

軽自動車の場合は、全国の軽自動車検査協会で車検を受けることができます。

全国の運輸支局・自動車検査登録事務所・軽自動車検査協会で車検を受ける時のメリットは、費用が安く済むということです。

しかし、自分で法定整備を完了させ、検査ラインにも自分で車を運転して入ることになります。


民間車検場での車検費用

全国の運輸支局・自動車検査登録事務所・軽自動車検査協会の他に、
国から認可された整備工場・自動車販売店などでも車検を受けることができます。

ディーラーでの車検や、最近ではガソリンスタンドでも車検を受けることができるようになりましたね。

この民間車検場での車検は、修理しなければいけないところも直してもらえるのが一番のメリットでしょう。

愛車の定期健診と治療をするようなイメージです。
しかしその分車検料などの名目で、手数料を取られるようになります。


車検費用見積もりの見方

車検の場合、見積書を出してもらうことがあるかもしれません。

しかしこの見積書がくせ者です。

まず、点検・整備料金を確認してみましょう。
点検・整備料金が安い場合、部品料金が高い場合がほとんどです。

また、部品交換の際は別途工賃が必要なのかを確認しておくとベストです。

また、見積書以外に発生する費用なども確認しましょう。

日頃から、特定の自動車工場と付き合い、信頼関係を築いておくと良いかもしれませんね。


車検費用が足りない時は

車検費用はとても大きな金額です。

特に不景気の時代、車検費用を用意するのもなかなか大変なものです。

そんな時おすすめなのは、銀行のローンです。

最近では、銀行で車用途に限定したローンを販売するようになりました。
銀行系のローンですので、何かと安心です、

また、銀行に行かずにインターネットで、携帯電話やスマートフォンでもローンの申し込みが可能になりました。

おすすめの銀行系カードローンの比較はこちらからどうぞ。

一週間無利息で借りられるキャッシングもあります。


カードローンで車検

車検の費用がどうしても足りない場合もあります。
しかし車は必需品で手放すことはできない・・・

そんな時にはカードローンを一時的に利用してみるのがおすすめです。

しかし、カードローンは利息がかかってしまいます。

利息が大きいと、結局は返済総額が跳ね上がってしまうのです。

そんな時に、無利息で借りられるキャッシングがあればいいと思いませんか?

その、一週間に限り無利息で借りられるのがノーローンです。

ノーローンは、有名な新生銀行系のカードローンですから安心してご利用いただけます。

さらに一週間無利息で借りられてとてもお得ですよ。


困ったときのキャッシング!無料・匿名・まとめて簡単審査


サイトメニュー
スマートフォン・携帯でアクセス

モバコインを稼ぐ

お金について